かっちゃんねる

ヒヤリ・ハット!?

2019/06/25 18:59:11|コメント:0件



こんばんは。

はい、かっちゃんです。

世の為、人の為、デリバリーヘルスだから
叶えられる夢がある!

去年の夏に夢と希望とカバンを1つ持って
やってきた新人電話番です。

お客様から選ばれるお店、
お客様に安心して頂ける電話番
となる日を目指して本日もブログスタート‼︎

➖➖➖➖➖➖➖➖➖

        ヒヤリ・ハット!?

➖➖➖➖➖➖➖➖➖

昨日はドライバーとして出勤しました。

送迎中は事故を起こさない・巻き込まれないよう

注意して運転しているつもりでしたが、

ヒヤリ・ハットに該当する場面がありました。


※「ヒヤリ・ハット」という言葉。

ハインリッヒの法則に関連するもので

現在では様々な業種で事故防止の為に

報告することが目標となっている所も

多いのではないでしょうか。


(※ハインリッヒの法則

一件の大きな事故・災害の裏には、

29件の軽微な事故・災害、

そして300件のヒヤリ・ハット

(事故には至らなかったものの

ヒヤリとした、ハッとした事例)が

あるとされる。

重大災害の防止のためには、

事故や災害の発生が予測された

ヒヤリ・ハットの段階で対処

していくことが必要である。)


さて、昨日の私のヒヤリ・ハットは

夜間横断歩道のあるT字交差点を右折時に

横断歩道を渡る人はいないと誤認して

右折してしまいました。

横断歩道を自転車を押して渡っていた方が

止まってくださったおかげで

人身事故には至りませんでした。


夜間の場合、黒系の色の服装の方や

反射材無しや無灯火の自転車の場合、

存在に気づくのが遅くなります。


基本に戻って、交差点ではきちんと目視をし

確認することと、いつでも停車できるよう

徐行運転を行なっていきます。


お客様の元に女の子を安全に送迎する。

ドライバーとしての基本を振り返ることができました。


今日の学びを明日へつなげる。

昨日の自分を超える。

更なる前進 Plus Ultra

をモットーに今後も頑張ります‼︎

ありがとうございました。


以上、はい、かっちゃんでした。